扇風機,引っ越しや買い替えで不用になった家電買取,電化製品買取,家電製品買取,デジタル家電買取ならお任せください。,リサイクル・キング家電・電化製品買取センター


現在表示しているページ
トップ > 不用品買取の対象商品 > 季節家電の不用品買取 > 扇風機の不用品買取

扇風機
不用品買取はお任せ!

電気扇風機(でんきせんぷうき)は、主に夏の暑い日に使用される電気製品である。モーターにプロペラファンを連結し、モーターによってファンを回転させ、風を発生させる。 世界初の電気扇風機は19世紀後半、モーターの発明とほぼ時を同じくして米国で発売開始された。直流に執着し、直流による発送電を行っていたトーマス・エジソンは直流モーターの扇風機を発売するが、交流発送電が主流になるにつれて、主流は交流式となった。 日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で東芝の前身である芝浦製作所が1894年に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯するものであった。また川崎重工業の前身である川崎造船所は、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。 扇風機は家屋や店、鉄道車両の室内などで広く利用され、夏の風物詩の一つでもあった。しかし、低価格化したエアコンが普及した現代では、それに取って代わられつつある。一方で、扇風機には窓を開放した状態でも使用できる、エアコンに比べ設置場所を選ばず移動が簡便、本体価格・電気料金ともに安価である、等の利点があるほか、室内の空気を撹拌し冷暖房を補助する、エアサーキュレーターとしても使われることがある。「エアマルチプライアー」等の回転翼を採用しない機種や、「GreenFan」の反転する回転翼を中心軸に設置した機種も存在する。 従来の扇風機とは異なり、ダイソンのエアマルチプライアーは、取り込んだ空気を、 独自のAir Multiplier™ (エアマルチプライアー) テクノロジーで増幅させ、 最大18倍の風量を生み出します。 また、羽根がないため、断片的で不快な風ではなく、スムーズな風を生み出し、 どなたにでも安心してご使用いただけ、お手入れも簡単です。 また省エネタイプのエアコンより約85%の節電を実現しながら 最大3度程度涼しく感じられます。

お電話・オンラインフォームでの不用品買取申し込みは、こちらから

不用品買取のお申し込み



このページのトップへ